日本は円を暗殺できますか?

日本の安倍晋三首相は、改革と刺激策の「三本の矢」に基づいて経済計画を立てましたが、日本銀行は弓を使う傾向が少なく、代わりにバズーカを打ち出しているようです。 10月末、日本銀行は、すでに積極的なキャンペーンを加速させる意外な景気刺激策を発表しました。ウォールストリートジャーナルは、中央銀行が年間の資産購入を数十兆円拡大し、合計で約80兆円、つまり米国通貨で約7300億ドルに相当すると報じた。 (1)私たちを含む多くの中央銀行は刺激策に多額の費用を費やしてきましたが、この計画は米連邦準備制度理事会と欧州中央銀行の行動を矮小化することを認識することが重要です。日本銀行は、日本の国内総生産の15%以上を毎年費やすことで、FRBを実に保守的に見せます。 日本が不況に陥ったという最近の発表の後、積極的な金融政策は特にタイムリーに見えます。国内総生産は第3四半期に年率1.6%で落ち込み、4月に施行された消費税の引き上げを受けて国の生産量が減少した2四半期連続でした。 日本銀行の措置は、日本がひどく必要としている構造改革を生み出すのに役立たないでしょう。しかし、彼らは、日本が数十年にわたる低迷から別の方法を見ていることを明らかにしました。それは円安です。安倍首相は、日本銀行の決定が意図的に自国通貨を弱めることを意図していることを否定したが、円は発表後7年間で最低水準に下落した。フィナンシャルタイムズは、景気後退が発表された後少し強化する前に、11月中旬の時点で2年前と比較して貿易加重通貨バスケットに対して20%下落したと報告しました。 (2) これは、国が本当に自国通貨を破壊する力を持っているかどうかという問題を提起します。日本は国内の行動で円を殺すことができるのか、それとも中央銀行の行動に関係なく、外部の要因がそのような計画の成功を妨げるのでしょうか。少なくとも今のところ、明確な答えはありません。 なぜ日本はそもそも円を壊したいのだろうか?そうすることにはいくつかの潜在的な利点があります。第一に、日本は長期間デフレに苦しんでいます。最近、国は少量のインフレを管理しましたが、通貨の下落はこの傾向を劇的に刺激するのに役立つはずです。実際、2015年にインフレを目標の2%まで加速することは、日本の量的緩和の強化という目標です。 通貨安はまた、日本の輸出をより魅力的にするでしょう。日本経済は長い間輸出ベースであり、その純貿易黒字は円に自然な上昇圧力を及ぼした。原子炉の電源を切るという国の決定を受けてエネルギーを輸入する必要があるため、最近、純輸入国に転向した。今、国は原子炉を再びオンにすることについて話している。 11月初旬、鹿児島県知事は仙台原子力発電所の2基の原子炉の再稼働を承認し、活動再開の最後の法的障壁を取り除いた。ほとんどのオブザーバーは、これらの原子炉が来年のいつかパワーアップすることを期待しています。これが起こり、他の原子炉も稼働するようになれば、日本はすぐに輸出経済に戻り、円は再び上昇し始める可能性があります。先制的な円安対策を講じることで、日本はより多くの輸出を行い、その間に国の経済を成長させることができます。 日本もお世話になっている国です。通貨が下落すると、国の借金の返済が安くなる可能性があり、これは魅力的な見通しです。そしてもちろん、多額の現金注入は、少なくとも一時的に、日本の投資市場を刺激するでしょう。日本銀行の発表直後、日経平均株価は2007年以来見られなかった水準に達しました。 ただし、すべての通貨の動きは相対的であることを覚えておくことが重要です。円は一気に下落することはありません。欧州中央銀行はまた、低インフレと戦うためのさらなる経済刺激策にオープンであり、ひいては他の通貨と比較してユーロを下落させる可能性があることを示しています。一方、FRBは、量的緩和プログラムを終了する計画を実行しました。その結果、ドルは上昇しましたが、他の通貨に対してドルが永遠に上昇することはありません。円安がどれだけ激しくなるかは、他の通貨の動きにもよる。 原子力が日本に戻るかどうかもまだ定かではありません。一部の原子炉は再稼働する可能性が高いようですが、日本が今後どの程度のエネルギー需要を自国で見ているのかはまだわかりません。原発が日本に戻り、国の経済が輸出に依存するようになれば、円高圧力は通貨安の努力をすぐに逆転させるかもしれません。 安倍は彼の3つのアロを説明しました

Read more