日本のカーオークション:自動車輸入業者の概要

自動車輸入業者は、日本のカーオークションが低燃費で高品質の中古車を手頃な価格で見つけるのに最適な場所であることを知っています。この記事での私の目的は、日本でのこれらのカーオークションをよりよく理解し、それらから購入するかどうか、およびプロセス全体がどのように機能するかについて、十分な情報に基づいた決定を下せるようにすることです。 なぜ日本の車のオークションから購入することを検討するのですか? これは開始するのに適した場所です。結局のところ、あなたがこの記事を読んで座っている今は、おそらく日本から何千マイルも離れています。では、なぜ遠くの国から車を輸入したいのでしょうか。 日本の中古車オークションから車を購入することを検討する2つの優れた理由があります。 まず第一に、選択は膨大であり、あなたはこれらすべての車をリモートでオンラインで見ることができます。日本国外のオートオークションは通常数百台の中古車を持っているかもしれません、しかし日本で最も小さいオークションだけがそのような哀れな選択をするでしょう。 個々のオークションの場所に関しては、通常、場所ごとに1,000台以上、場合によっては10,000台以上(USS東京の場合)がすべて1つの場所にあり、毎週オークションにかけられます。これらすべての個別の車のオークションをインターネット上にまとめると、1日に30,000を超えることはまったく珍しいことではありません。 ですから、選択肢は非常に広いのです。しかし、それだけではありません。品質の深さもあります。事実、日本人は他の国の人ほど運転していません。日本の都市部の運転速度は信じられないほど遅いという単純な事実に加えて、優れた公共交通システムと高いレベルの近隣の歩きやすさは、人々が自分の車をあまり使用しないようにすべてが連携して機能します。 それに加えて、日本人は自分の車の世話に熱心ですが、彼らが持っている車が彼らにとって古いように見え、彼らが新しい車を欲しがるまで、それほど時間はかかりません。 したがって、走行距離が短く、手入れの行き届いた車は1ダースほどです。でも皮肉なことに、日本人自身は中古車に興味がないので、中古車を欲しがっていません。 これがどこに向かっているのかがわかります。日本の車のオークションには、状態の良い低キロメートルの車がたくさんありますが、日本人は実際にそれらを購入することにそれほど興味がないので、価格は比較的低く、さらに多くの機会があります海外からのバイヤーが競うために。 日本のカーオークショングループと場所 日本では個別のオークションはまれです。彼らは通常、より大きなオークショングループの一部です。以下は、より著名なグループのほんの一部です。 USS TAA(トヨタ) ホンダ JU JAA CAA USS東京は日本最大の中古車オークション会場です。このカーオークションは毎週木曜日に開催され、ピークシーズンには最大20,000台の車両が1日にオークションにかけられる可能性があります。 複数のオークション場所を持たないオークショングループ(日本語ではkaijoと呼ばれます)の1つは、月曜日にオークションを開催するAucnetです。彼らのモデルは、すべての車が集められる物理的なオークションハウスがないという点で少し異なります。

Read more

日本がついに「ノー」と言える方法

1990年、物議を醸している右翼の東京都知事、石原慎太郎は「ノーと言える日本:なぜ日本が対等の中で最初になるのか」を発表した。 20年近く経った今でも、石原の本の対象である米国に日本が「ノーと言う」ことができるのか、いつできるのか、多くの日本人が考えています。第二次世界大戦(第二次世界大戦)の終結以来、日本は東アジアの安全保障の問題について米国と緊密に協力してきました。それでも、特に北朝鮮に関して、アメリカが日本の懸念に注意深く対処しなければ、これは日米関係に転換点を生み出す可能性があり、東京は外交政策をめぐってワシントンと大きく対立する。 日本政府の多くは長い間北朝鮮とのより厳しい関係を取りたいと思っていました。一部の強硬派は、核能力を含む日本の完全な再軍事化を提案した。人口の大多数は依然として反核であり、軍隊(SDF)を防衛力として維持することを支持していますが、そうする人の割合は年々減少しています。これはまた、第二次世界大戦の日本の帝国主義の遺産やアメリカの安全傘の必要性にもはや負担を感じなくなった日本人の増加を反映しています。 アジアでは、日本の軍事資金は中国に次ぐものです。また、特にその海軍能力で国際的に高く評価されています。現在、自衛隊には約24万人の制服を着た軍隊がいます。第二次世界大戦後にアメリカによって書かれた憲法上の制限のために、日本軍は防御能力のみに制限されてきました。航空母艦などの戦力投射技術は禁止されています。 第一次湾岸戦争以来、アメリカは日本人に「防衛」の定義を推し進めることを奨励してきました。独立した日本の外交政策を促進するのではなく、これらのタイプの作戦を開始する際のアメリカのコストを相殺するためです。北朝鮮(または中国)による潜在的なストライキを防ぐために設置されている数十億ドルの弾道ミサイルシールドよりも、現代の関係には多くのものがあります。最近、日米合同軍事訓練は協調攻撃に焦点を合わせている。日本人がイラクやアフガニスタンで米国が行ったのと同様の任務に貢献するために必要なスキル。 過去数年間、日本は多国籍軍の一部として海賊と戦うため、北朝鮮のミサイル活動を監視するため、そしてインド洋での船の給油を支援するために、海軍を紅海に派遣しました。日本はまた、人道援助を提供するためにイラクに地上部隊を派遣しました。この変化の一部は、日本が砂漠の嵐に軍隊を投入しなかったために「小切手外交」で批判された結果です。日本政府は彼らの資金がなければ戦争は不可能だったと感じているので、これは論点です。日本はまた、2004年から2006年の間にイラクに2番目に多くの戦時援助を提供し、2002年から2006年の間にアフガニスタンに同様に多額の援助を提供した。 北朝鮮 2009年4月5日、北朝鮮政府は、銀河2号ロケットに搭載された実験用通信衛星、クァンミョンソン2号を打ち上げました。 1957年以来、ほとんどのICBMは衛星ランチャーから進化しました。これも、日本列島のどこにでも攻撃できるテポドン2または3弾道ミサイルテストのカバーでした。実際、ミサイルは日本の空域を飛んでいました。これは、2006年と1998年に2回失敗した北朝鮮の最初の長距離ミサイルテストでした。北朝鮮の1998年のミサイルテストは、国連安全保障理事会に非公式のプレスステートメントで懸念を表明するよう促しました。 2006年のテストの結果、安全保障理事会は北朝鮮によるテストの実施を禁止する決議を採択しました。 北朝鮮の試練は偶然ではなかった。緊張を高めることは意図的な策略でした。北朝鮮は、核弾頭を輸送できる弾道ミサイルを発射する能力を実証することにより、核保有国としての地位を固めたいと考えている。金正日はまた、中国とロシアを新しいオバマ政権、日本、韓国と対戦させて、新たな六者会合で交渉力を獲得したいと考えています。トンチャンリのミサイルサイトは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と衛星の両方を発射するために装備されていました。また、日本の空域を飛行せずに発射ミサイルをテストすることもできます。代わりに、北朝鮮はムスダン里から発進した。ミサイルテストは失敗でしたが、以前のミサイルよりも遠くまで移動したように見えました。 金王朝はまた、50年間経常赤字を抱えています。過去数十年間、ソビエト連邦は主にこれらの赤字に資金を提供していましたが、崩壊以来、中国と韓国は、米国の通貨の偽造とともに、主要な生存源になりました。武器の販売;麻薬密売;在日コリアン(在日)からの送金。キムは軍と党員の忠誠心を確保するためにこれらの現金注入を必要としています。キャッシュフローはさらに悪化しました

Read more

日本の環境問題

工業国として、日本は厳しい環境問題に対処しなければなりません。日本は、枯渇性エネルギー資源の世界有数の輸入国であり、温室効果ガスの世界第5位の排出国です。これは、京都議定書の署名者であり、1997年に会議を主催した国でもあります。京都議定書条約の下で、日本は二酸化炭素排出量を1990年のレベルより6%低いレベルに削減する義務があります。さらに、日本は地球規模の気候変動を抑制するために他の措置を講じなければなりません。 原子力は日本の電力の約35%を供給しています。現在、日本では63の原子力発電所が稼働しており、世界で2番目に大きな原子力利用者となっています。これらの発電所はすべて、多くの処理が行われる廃棄物を生成します。特に危険なのはHLW、または高レベル放射性廃棄物です。この問題に対処するために、六ヶ所再処理工場が茨城に建設されました。グリーンピースをはじめ、工場の開業に反対する声が多く、周囲の住民に危険を及ぼすと感じています。反対派はまた、日本はよりクリーンでより安全な再生可能エネルギー源にお金を投資すべきだと感じています。 日本は世界最大の魚の消費国の1つです。しかし、海洋資源の枯渇により、年間漁獲量は急速に減少しています。日本は中国、ペルーに次ぐ世界第3位の魚の消費国です。日本の海のダイアモンドとして知られる貴重なクロマグロの数は減少しており、漁獲割当量が減少しています。日本は、クロマグロの消費を抑制するという環境保護論者からの国際的な圧力に直面しています。 「研究目的」での日本の捕鯨もまた、国際的に大きな注目を集めている。調査で収穫された鯨肉は、日本のスーパーやレストランで販売されています。多くの人々は、日本のJARPA調査プログラムは、商業捕鯨の明白なカバーに過ぎないと感じています。ポール・ワトソン大尉が率いるシーシェパード保護協会は、物議を醸す戦術を使って南極の日本の捕鯨船を止めています。シーシェパードが使用する2つの一般的な方法は、日本の捕鯨船に腐ったバターと強力な悪臭爆弾を投げることです。 再生可能エネルギーは、日本の総エネルギー生産量のわずか1.3%を占めています。技術的に進歩し、石油輸入に大きく依存しているにもかかわらず、国は2014年までに1.6%という野心的な目標を設定しています。現在、日本は風力発電設備で世界第14位にランクされています。再生可能エネルギーの利用を促進する政府の政策が欠如しているため、多くの人がかつて考えていたように、日本がこの分野の世界的リーダーになる可能性は低い。 記事の出典:http://EzineArticles.com/3883122

Read more